婦人

お酒の買取方法は時間の都合によって使い分けよう

骨董マニアの宝物

アンティーク

骨董品買取は、その専門知識があるかないかによって大きく値段が変わります。特に歴史の古いものには数百万から数千万のとんでもない価値があるものまで存在します。業者に売る場合には慎重に選んで買取してもらいましょう。

もっと詳しく

便利な買取方法の使い分け

洋酒

家の整理をしていると、以前集めていた古いお酒が出てくることがあります。お酒は時が経つにつれその価値が上がります。そういったお酒を売りたいという場合は、業者に見積もりをしてもらいましょう。業者に見積もりをしてもらう方法としては、3つあります。1つは宅配買取です。宅配買取は業者に買取依頼すると、お酒を詰めるためのダンボールを無料で送ってもらうことができ、そこに詰めて送り返すという流れになります。また、送り返す際の送料も業者負担になることが多いので、依頼者側でかかる費用は一切ありません。売りたいお酒のメーカーや価値が分からない場合でも、送るだけで見積もりをしてもらうことができるので時間も必要としない最も簡単な方法と呼べるでしょう。2つ目は、出張買取です。出張買取はプロの鑑定士が自宅訪問を行ない、見積もりをする方法です。趣味でコレクションしていたという場合、その数が多くて宅配で送るにしても、店舗へ持っていくにしても数が多すぎるということがあるかもしれません。出張買取はそういった場合に便利なサービスといえます。しかし、出張買取の場合は、自宅訪問ですのでその時間を取る必要があります。また、出張できる範囲がお住まいの地域に対応していないことがあるので、依頼前に対応地域かどうか、鑑定士の訪問日時の設定が可能かどうかも確認しておきましょう。3つ目は、店頭買取です。店頭買取は、本人が持込をするので、数が少なくすぐに売りたいといった場合に便利です。
このように売る方法ごとにメリット・デメリットがあるため、状況に応じて使い分けるようにしましょう。

買取の査定対象になる部分

グラス

歴史の古いお酒は、ブランドや保管状況で買取価格に大きな差がでます。またそれは、鑑定をする業者の方によってつけられる価格も違います。業界実績があり、専門知識豊富な店舗に買取を依頼するようにしましょう。

もっと詳しく

ワインの種類とその価値

女性

ワインの買取は、業者ごとに価格が違うので相場をつけるのが難しいです。その差は、買取業者が専門知識を持っているかどうかで変わります。業者に売る場合は、ホームページを持っている場合には事前に確認できるメリットがあります。そこを最大限に活かしましょう。

もっと詳しく